便秘が原因で夏太り!?

スポンサードリンク

痩せたい夏に限って夏太り!原因は便秘にあり!?

便秘,夏太り,原因,

 

夏になると、食欲がなくなって夏痩せしてしまうタイプもいますが、何故か夏太りといって逆に太ってしまう人も多くいます。

 

夏太りする人は痩せる人よりも夏バテしやすい傾向にあり、肌の露出の多い夏に太るわバテるわで最悪です。

 

そんな夏太りの原因は、もしかして便秘にあるのかも!?
夏太りと便秘の関係って一体なんなんでしょう?

 

便秘の人は夏バテしやすく、夏太りしやすい

便秘はうんちがなかなか外に出て行かないため、腸内に食べたものが長い時間停滞してしまいます。そうなると、腸内に長く入る分、余計なカロリーや水分を吸収してしまうことになるのです。

 

消化・吸収のスピードが普通の人よりも遅くなることで、みんな同じものを同じ量食べたとしても、自分だけ太りやすい体質になっいるということです。

 

または、人は寝ている間や椅子に座っている時、また勉強している時など、運動意外にも常にカロリーを消費している状態ですが、消費しきれなかったカロリーは身体に蓄積して脂肪となっていきます。

 

消化・吸収のスピードが遅くなるということは、内蔵の動作も少なくなるために、カロリー消費が少なくなってしまうのです。

 

夏バテ・夏太りに良くある症状
  • 便秘
  • 下しやすくなる
  • 手足がむくむ
  • 倦怠感がある
  • 冷え性になる
  • 頭痛がする
  • 腰痛や肩こりがある
  • めまいを起こすことがある

 

夏の便秘に注意!夏太りの原因は何?

 

夏につい食べてしまう食品に注意!

便秘,夏太り,原因,

  • 冷やし中華
  • そうめん等の麺類
  • アイス・シャーベット・かき氷
  • ビール
  • きんきんに冷やした飲み物

これらの食べ物は胃腸に刺激が強すぎたり、負担が大きい食べ物・飲み物です。

 

夏の暑さにさらされるとなかなか魅力的なものばっかりですよね…。

 

夏はクーラーに当たったり冷たいものを摂取しすぎるなどで内蔵冷え性になりがち。
そんな人が上記のようなものを頻繁に摂取していると、腸の働きが悪くなり、うんちを出すぜん動運動が弱くなるために便秘になります。

 

キンキンに冷えた飲み物を沢山飲むと内蔵が冷えることで「寒さに備えなければ!!」と勘違いして身体に脂肪を蓄えようとします。これが夏太りの正体ですね・・・。

 

一度脂肪が蓄えられるとなかなか消費することは難しいので、夏太りは夏が過ぎてもなかなか体重が元にもどりません。

 

暑さが厳しいとついつい冷たいものを食べ過ぎてしまいますが、常温の水分をこまめに摂取するなどで冷たいものは少量に抑えるのが良いですよ!

 

睡眠不足はデブのもと!?

個人差はあるにしても、基本的に睡眠時間が5時間未満の人は、5時間以上寝ている人よりも肥満になる確率が約1.4倍にも成るんです!

 

夏は熱帯夜でなかなか寝付けない日が続くことも多くなりますが、寝不足は基礎代謝がするのでホルモンバランスが崩れることで、脂肪や余分な栄養素が分解できず、吸収されて太りやすい体質になってしまうのです。

 

夏はむくみやすい!

鏡を見た時に「太ったかな?」と思っても、夏太りではなくむくみの可能性もあります。

 

夏はたくさん汗をかくので、水分が失われやすく、普段よりも水分をたくさんとりますよね。
しかし、過剰な量の水分摂取は体内の水分量を狂わせてしまい、むくみの原因となるので注意が必要。

 

水分はちまちまと小まめに摂取しましょうね!

 

また、大量の汗と一緒にビタミンやミネラルも一緒に排出されるので、その分のビタミンとミネラルをしっかり補っていないとむくみやすくなります。


-スポンサードリンク-


便秘,夏太り,原因,

関連ページ

夏の便秘対策!夏バテと夏太りを予防しよう!!
夏になると暑さによって冷たいものを過剰に摂取したり、クーラーにあたったりと何かと夏太りしやすい状況になります。夏太りは便秘の原因にもなりますし、逆に便秘は夏太りの原因にもなります。夏太りと便秘を予防して、夏をスッキリと過ごしましょう!
夏に便秘が起こりやすい理由!夏をスッキリ乗り切ろう!
毎年夏になると便秘が悪化してしまうという人が多くいますが、夏は便秘体質になりやすい要因がたくさんあります。どうして夏は便秘になりやすいのでしょうか?ここでは、夏に便秘になりやすい理由を紹介します!

 
Home 便秘・症状の解消方法 妊婦さんの便秘について 子供の便秘について 便秘サプリ人気ランキング