夏太りと便秘を解消する過ごし方

スポンサードリンク

夏こそ注意したい便秘と夏太り!スッキリした夏を過ごそう♪

便秘,夏太り,解消,

 

夏は、暑さに耐え切れず冷たい物を一気に身体にいれたり、クーラーに長時間あたってあまり身体を動かさなくなったりと、便秘夏太りしやすい状況にあります。

 

蒸し暑い日はついつい食べたくなってしまうものや飲みたくなってしまうもの。
実はこれらは、かなりカロリーが高いケースが多いのです。

 

ここでは夏の便秘と夏太り対策を紹介します。

 

夏太りは便秘の原因に…また、便秘も夏太りの原因となる!

夏太りしやすい人は、夏痩せする人よりも夏バテ傾向が強く、また便秘にもなりやすいと言われています。

 

逆に、便秘になりやすい人は、便秘が原因で夏太りしてしまうというパターンもあります。

 

便秘も夏太りも、原因は似ているので同時に予防・解消していきたいですね!

 

便秘と夏太りのメカニズム

便秘,夏太り,解消,

うんちは普通、食べたものが胃でドロドロに溶かされ腸へ運ばれ、ゆっくりと水分や栄養を吸収されて固形になっていきます。そして大腸でぜん動運動により肛門へ運ばれてうんちとなって出てくるのです。

 

これが、何らかの理由で大腸に長い時間滞在していることで、不要な水分や栄養素まで吸収されていってしまい、うんちが小さく、硬くなっていくのです。

 

そして普通の人よりも余分な水分や成分が吸収されているので、むくみや太りやすくなってしまっています。

 

夏太りと便秘を解消するために気をつけること

 

夏は糖質やカロリーが高くて身体を冷やす食べ物が多いんです。

 

冷やしし中華やアイス、シャーベット、キンキンに冷やしたビールなどの飲み物…

 

こうした胃腸を冷やす食べ物や飲み物を毎日のように食べていると、内蔵が冷えて胃腸の活動が抑制されてしまい、うんちがたまりやすい身体になってしまうのです。

 

また、内蔵が冷えているのにさらに冷たいものがお腹に入ってくると、「寒さから身体を守らなちゃ!」と内蔵が錯覚を起こし、寒さに備えようと脂肪を蓄積してしまいます。

 

暑さで冷たいものを食べたくなる気持ちはわかりますが、食べ過ぎは禁物。また便秘を既に抱えている人は冷たいものは我慢!!

 

常温か温かいものを食べるようにしましょう。

 

体温調整は、小まめに水分を摂取したり、栄養をバランス良くとっていればスムーズに行われます。

 

特に夏はビタミンBが不足しがち。脂肪燃焼や体温調節、アルコール分解など大忙しの栄養素なので、夏こそしっかり補ってあげましょう。

 

寝る前に敢えて白湯などの温かいのみものを!

便秘,夏太り,解消,

夏は熱帯夜が続くなどでなかなか寝付けない日もありますが、寝不足はデブの元!

 

基礎代謝が低下して脂肪などの分解ができなくなってしまいます。
十分な睡眠をとることもとても大切。

 

寝る前に敢えて温かい飲み物を摂取すると、内蔵が温まり、うんちが柔らかくなる効果の他にも、
体温が一時的に上がることで、それがまた下がってきます。

 

この体温が下がる過程があると、人は自然と眠気をさそうと言われているのです。
ホットミルクなんかは熟睡効果も高いのでおすすめですね!!

 

クーラーなどで空間の温度を調整することも大切ですが、温かい飲み物は内蔵冷え性の改善にもなるのでおすすめです!

 

夏のむくみには梅干しや大根が効く!

肌の露出が多いなつにむくみは大敵!!
むくみの解消にはクエン酸やカリウム、ビタミンEが効果的と言われています。食べ物でいえば梅干しや大根がおすすめ!
梅干しはご飯だけでなく、うどんや素麺にも合わせられるのでおすすめですね!

 

クエン酸には夏バテ防止効果や、便秘解消にもとっても効果的!
積極的に摂取していきましょう!


-スポンサードリンク-


便秘,夏太り,解消,

関連ページ

夏太りの原因は便秘!?夏に気をつけたい便秘
夏になると暑さで栄養や体力を消耗しやすく、夏太りしていしまう人が多くいます。特に便秘を抱えている人は夏太りしやすいので特に夏は注意が必要になります。ここでは夏太りと便秘について紹介します。
夏に便秘が起こりやすい理由!夏をスッキリ乗り切ろう!
毎年夏になると便秘が悪化してしまうという人が多くいますが、夏は便秘体質になりやすい要因がたくさんあります。どうして夏は便秘になりやすいのでしょうか?ここでは、夏に便秘になりやすい理由を紹介します!

 
Home 便秘・症状の解消方法 妊婦さんの便秘について 子供の便秘について 便秘サプリ人気ランキング